2017-04-07

【 ブログ移設のお知らせ 】

いつも おしゃべりなうつわ を
お読みいただきありがとうございます。

このたび、
ブログを引っ越しすることとなりましたので
ご報告をさせていただきます。

今後は
萬器HP内 ブログ にて
いろいろなお話をさせていただきます。


ぜひ、こちらをご覧ください。

http://utuwa-banki.com/


こちらからでもご覧いただけます。
http://utuwa-banki.com/?cat=5



今後とも、
引き続きよろしくお願い申し上げます。



萬器


2017-04-05




指先に伝わる質感の良さ、
なめらかな表情の中に垣間見える
繊細な凹凸。
喜多村光史さんの粉引は
本当に美しい。
色白美人の白い粉引きは
また格別です。
細かく割れた貫入。
日々少しずつ、
注がれた飲み物で色づき始めてゆきます。
緑茶のグリーン、コーヒーの漆黒、紅茶の琥珀色。
自分好みに育ってゆくカップ。
とても愛おしいうつわ。
そば猪口、マグカップ、急須
が入荷しております。
どうぞご覧ください。
 
 
スタッフ 和田

白い器で春を


清明 。
すべてのものが清らかで生き生きとするころ…

引きずっていた寒さからようやく脱し、
清明とともに、のんびりだった今年の桜も
いよいよ満開へと向かっているよう。

入園、入学、入社式
はじまりのセレモニーには
散りゆく花びらよりも、満開の方が似合います。



4月。
はじまりの季節。
食卓にも、新しい空気を。




喜多村光史 | 粉引きポット




3兄弟のように並ぶ姿がなんとも愛らしく
朗らかな佇まい。

やわらかな手触りに、幸いを感じる。
お茶の時間がやさしくなるポット。








阿部慎太郎 |8寸花形リム皿、八角深皿

とろりとしたまろやかな白は
慎ましやかな色気を隠しもっている。

そのキャンパスには
どんな色を重ねても美しい。

8寸サイズの多用途は言うまでもなく
サラダ、パスタ、スープ…

初々しい香り立つ、春の献立が浮かぶ。




正島克哉 | 平パン Φ 約18cm × H 4cm

白い平パンを
朝食のプレートに。
清々しい一日のはじまり。



春。
新しい器、白い器で、気持ちと気分に。
ささやかな変化を。


どうぞお楽しみください。



スタッフ 西川


2017-04-04

桜の箸置き

ようやく春らしいお天気。

北千住店の大島桜が今年も美しく咲いてくれました。
ソメイヨシノなどより少し大きくて、ピンクというよりどちらかというと白い花。
控えめに俯いて咲く姿が奥ゆかしくて大好きです。

そんな桜の季節にぴったな桜の箸置きが入荷しております。

ほのかに色づくピンク色。
ひらりひらりと可愛らしい箸置きです。

こちらは小川博久さんの作品。
小川さんは本当に日本らしく優しいものを作ってくれます。

5枚合わせると可愛い桜の花が出来上がります!
新しい季節の買い物に、贈り物にいかがですか?

心地よい春の太陽に誘われて、お散歩がてら立ち寄ってくださいね。


スタッフ 岡田

営業時間変更のお知らせ

営業時間につきまして
下記の通り変更がございます
ご確認下さいませ

| 柏店 |
4/4(火)  10:00 - 16:00
4/5(水)  10:00 - 18:00

|北千住店|
4/4(火) 10:00 - 18:00
4/5(水) 10:00 - 16:00


ご不便おかけして申し訳ございません。
何卒よろしくお願いいたします。

4/6(木)より通常営業となります。


うつわ 萬器

2017-04-03

お店に春。荒川さんのガラス入荷しました。





 木五倍子 と書いてキブシ。

 尾状に垂れる花穂。
 何て美しい花なんでしょう。

 サクラ、クリスマスローズ。。。
 店内はいま春がいっぱい。
 とても贅沢で、幸せな空間です。


   荒川尚也さんのガラス、
 入荷いたしました。

 陽射しも次第に強くなり、
 そろそろ、冷たい飲み物の存在を思い出す頃でしょうか。

 冷茶、冷酒。
 キンと冷えたビールを思いっきり!

  片口、馬上盃、徳利。

 心地よい春風を肴に、
 美味しいお酒、いかがですか?





 私たちがいつもお薦めしている 泡グラス。
 並々たっぷり缶ビール一本ちょうど入ります。
 気持ちいいぐらいきっちり350ml。

 流線的なライン、躍動感あふれる幾多もの気泡。
 大人 を感じるガラスたち。

 注がれたものが 絵 となる瞬間。
 荒川さんのグラスに魅了されるのは
 この瞬間を知ってしまったからだと思います。
 ガラスと磁器が、店内を彩るようになりました。

 春です。



 ご贈答、ご進物
    何かと贈り物をする機会が多い4月。
     ご予算に応じて喜ばれる器選びのお手伝いを
     させていただきます。
     お気軽にお声かけください。


 スタッフ 和田

2017-03-30

正木春蔵さんの春の染附

春うらら。
そんな言葉がぴったりな
3月最後の木曜日。
春の店内に、
正木春蔵さんの染付たちが
たくさん並びました。



染附 市松文輪花豆皿
呉須の濃淡が効いた市松模様は
正木さんが描く文様の中でも人気のもの。
品格さえ感じさせてくれます。
ちいさな ちいさな 豆皿。
お醤油といれたり香の物。
朝食の梅干しや佃煮に。
お重やワンプレートの中で
アクセントとしてお使いいただいても。
染附 島嶼文蕎麦猪口
島嶼(とうしょ) とは、
大小さまざまな島々のこと。
古九谷を彷彿させる文様、呉須の濃淡。
正木さんの卓越した技術と、
洗練されたセンスから生まれる
この世にふたつとない染附です。
タンバン呉須 魚文深皿

7寸× 高さ4cm

鯉がひらひらと、
躍動感溢れんばかりに描かれています。

パスタ、カレー、煮物、サラダに。
ご馳走さまをした後も楽しめる。
そんな愉しく贅沢な一枚です。



奥ゆかしさ と 遊びごころ

を持ち合わせた正木さんの色絵、染附。
涼爽を身近に感じ始めたこれからの季節に
おすすめしたいうつわ です。



スタッフ 和田